給与振込を利用している等、普段から付き合いのある銀行のカードローンで借入を試みる

給与振込口座

借金の一本化を検討してるけど、審査に通る自信がない・・・そんな方は多いんじゃないでしょうか。

そんな場合、一つの解決策として

自分が普段、給与振込として利用している銀行のカードローン(フリーローン)を利用する、という方法もあります。

東京や大阪などの都市部の方なら、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などのいわゆるメガバンク系銀行で給料を受け取っている方も多いかと思いますが、地方に行けば大体、地元に密着した地銀や信用金庫の口座を利用されているんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、まず大前提としてその銀行に個人向けローンがあるということが条件になりますが、今は殆どの銀行や信用金庫で個人向けカードローンやフリーローンを提供しているので、その辺はあまり心配ないと思います。

もし自分が普段の給与振込に使っている銀行でカードローンがあれば、一本化できる可能性はグッと高まるかもしれません。

付き合いのある銀行なら借り入れできる可能性も高い!?

給料が毎月入ってくる銀行でカードローンの審査に申し込んだら、確かに全く関係のない銀行より審査に通る可能性は高いです。

貸す方としては、既に毎月一定の収入が入ってくるということが分かっているので、その点は大きなメリットと言えます。

しかも、氏名や住所等の個人情報も把握していますので、当然、一見さんよりは借入できる可能性はグッと上がります。

ただ、逆にデメリットとなるポイントもあります

  1. もし付き合いのある銀行(信用金庫)が地域密着型の場合、利便性は都市銀行やネット銀行に劣る
    (利便性が高いと言われる消費者金融にも当然劣ります)
  2. 商品スペックが大手より劣る
    (メガバンク系の銀行カードローンなどより金利や限度額等で劣る可能性も)
  3. 審査に時間がかかる
    (銀行によっては書類提出などもあり即日融資は無理なところが多い)

以上のようなデメリットも確かに存在しますが、地方銀行や信用金庫といえども「総量規制の対象外」なのは同じなので、一本化には狙い目だということは間違いありません。

付き合いがあるから逆に借りたくないという人もいる・・

確かに自分のメインバンクが展開している銀行カードローンで一本化できればラクといえばラクかもしれません。

しかし、逆に付き合いがあるからこそ、そこでは絶対借りたくない!という方も実際には結構いらっしゃいます(汗)

そこでナイトが、どうして自分が普段から使っている銀行でお金を借りたくなくのか、アンケートを取ってみました。

すると以下の様な答えが出てきました・・・。

  • 顔バレもしてるから借りたくない!
    (人によっては知り合いが銀行で働いていることも!)
  • 家族にバレるかも知れないから借りたくない!
    (地方というのは本当に狭いので、どこから自分がお金を借りたという噂が広まるかわかりません・・最初と同じように知り合いが働いていたら絶対無理という方が殆どです)
  • 誰にも知られずにコッソリ借りたいから地元では借りたくない!
    (これは地方だけでなく誰もが思うことですね)

付き合いのある銀行のカードローンの方が、一見、審査も通る可能性も高く便利そうな感じがするのですが、やはりお金の問題は自分でコッソリと解決したい方が多いようです。

そのような方のために、パソコンはもちろん、スマホや携帯電話からも借り入れできるカードローンが今、爆発的に人気が高まっているんでしょうね。

まとめ:どちらでも借金をまとめることができればOK!

結局、最終目的は今ある複数社から借入した借金を一本化できればいいんですから、付き合いがあろうとなかろうと、まとめたもん勝ちです(笑)

ただ、普段から給与振込がある銀行のカードローンなら借り入れできる可能性が「少しだけ」高くなるかもしれませんよという話です。

まあ実際、お金を借りて一本化しても、毎月の返済額が減らなかったら意味ありませんからね。。

地方の銀行だから、付き合いがある銀行から金利が低くなるというわけではありませんし。

逆に、ネット銀行やおまとめ専用ローンのほうが金利が低くなる可能性もありますので、その辺はよく調べてから審査に挑戦してください。

基本的に全国展開している銀行やネット銀行系のカードローンの方が、商品スペックは高いです。

さらに地銀のカードローンより利用できるATMが多く、利便性が高いのも大きなメリットになりますね。

借金の一本化をするならココが狙い目!

コメントは受け付けていません。