金利が低い方がいいのは誰でもわかるけど・・・

キャッシングは低金利の方が良いのは当たり前ですが・・

借金をまとめるには、金利の低い方がいいというのは誰でもわかることです。

そうなると、一般的に消費者金融より銀行のカードローンの方が金利が低いのですが、そう簡単な話にはならないのです。

ます、ナイトが何度言っているように「自分の状況に合った」金融業者から借り入れをしないと、なかなか借金の一本化は成功しません。

そもそも審査に通らなければ、一本化など夢のまた夢なのです。

だから、基本的に消費者金融より審査が厳しいと言われている銀行カードローンに、全ての人が審査に申し込んだところで、うまくいく人なんてそう多くはありません。

特にメガバンクのカードローンなどはスペックも高い分、属性が低い人にはなかなか融資が降りません。

それよりも、今より毎月の返済額を抑えて借金を全て返す!という目的の方が遥かに大事です。

だから、多少自分が狙っていた金利で借入することができなくても、借金を1社にまとめることができ、なおかつ毎月の返済額を少しでも抑えることができれば、結局どの金融機関でもOKなのです!

ではここからは、各金融機関がどのようにしてローンの金利を決めるのか、その辺を解説していきます。

少額融資なら消費者金融でも銀行カードローンでも金利の大差はない!

借金を一本化するうえで一番大事なのは、なんだかんだ言っても金利になりますが、この金利というのは一体どのようにして決まるのでしょうか?

まず覚えておかなければならないのが、よくカードローンの商品説明には「4.8%~18.0%」とか書かれていると思います。

これは、借入する金額によって設定される金利が変わるという意味を表します。

そして金利というのは「借入する金額が大きいほど、設定される金利も低くなる」という法則があります。

これはどの金融業者でも同じですので、例えば20万円借りた場合と200万円借りた場合なら、200万円借りた方が金利は低くなります。

まあ借入金額が大きい分、返済期間が長くなり、それだけ利息も払わなければならないので、業者側としても、そんなに高い金利を設定する必要がないのです。

ということは、50万程度の少額融資なら、正直いって、消費者金融と一般的に低金利といわれている銀行カードローンでは、金利の差は殆どないのです。

50万程度の少額融資なら、おそらく上限金利(先ほどの例なら18.0%)に近い金利で設定されるでしょう。

もちろんこれは全ての方に当てはまるというわけではありません。借入状況や申し込んだ方の属性によっても金利の上下は影響されます。

このように金利というのは「ある程度まとまった金額を借りないと、低い金利というのは設定されない」ということがわかっていただけたかと思います。

そう考えると、借金を一本化するために借入するというのは、必然的に借入金額も大きくなるので、金利が低く設定されやすいということですね(^^

消費者金融でも金利は下がるし、使い方によっては銀行ローンよりオトクになる!

誰だって金利は低い方がいいんですが、銀行カードローンより一般的に金利が高いと言われがちな消費者金融でも当然、金利は下がります。

例えば「おまとめナイト」でも申込率の高い『モビット』なんかは、その金利と限度額からおまとめ用途として多くの方に利用されています。

ちなみにモビットの金利は現在「3.0%〜18.0%」。

上限金利はともかく、下限金利はメガバンクの銀行カードローンと同じか、それを凌ぐスペックを有しています!

だから、消費者金融の方が金利が高いというのは、もはや昔話です。

今の時代、銀行カードローンと遜色ありませんし、当然、借入金額が大きいほど金利も下がりますので、低金利で一本化することも十分可能なのです。

また、いくつかの消費者金融には銀行カードローンにはないある「特色」があるのです。

それは何かというと「無利息キャッシング」です。

例えばプロミスアコムなどは、一定の条件はありますが、無利息融資が可能な数少ない消費者金融です。

その他にも、新生銀行のカードローン「レイク」は無利息融資でお馴染みの銀行カードローンですが、レイクは元々は消費者金融でした。

例えば、ボーナスなどである程度まとまったお金が入りそう、という方なら、無利息期間内に返済できれば、利息を払うことなく借り入れが可能です。

このように消費者金融だから一本化には向いていない、というわけではなく、要は使い方です。

審査スピードやネット上で全ての契約が完了したりと、メリットも大きい消費者金融なので、十分、借金一本化の対象になるのではないでしょうか。

借金の一本化をするならココが狙い目!

コメントは受け付けていません。