クレジットカードで作った借金でもおまとめローンで一本化できます!

クレカで作った借金も一本化可能

借金をひとつにまとめることは、何もカードローンだけのものではありません。

誰もが1枚は持っているクレジットカードで作ってしまった借金でも当然、一本化は可能です。

ちなみにクレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」、両方あることは既に殆どの方はご存知だと思います。

借金という考え方でいえば、クレカのキャッシング枠だけが一本化できるような印象を持ちますが、ショッピング枠で作ってしまった借金でも一本化できますのでご安心を。

とはいえ、クレジットカードの返済が滞ってしまうと、最悪、カードが強制的に解約されてしまいます。。

そうなると当然、個人信用機関にもデータが残りますので、新規でのクレジットカード作成はもちろん、場合によっては他のキャッシングサービスも全て断られてしまうという最悪な結果にもなりかねませんので、カードの返済ができないからといってそのまま放っておくのだけは絶対にやめてください!

そもそもクレジットカードで返せないほど使ってはいけません!!

クレカは現金がなくても、高額な買い物ができてしまうので、つい使ってしまいがちですが、カードで支払った時点では「借金である」ということを肝に銘じておいてください。

>>クレジットをまとめたいならココ

クレジットカードのキャッシング枠には手を出さないほうがいい

先程も書いたようにクレカには通常の使い方であるショッピング枠と、カードローンと同じように使えるキャッシング枠があります。

キャッシング枠というのはクレジットカードを新規で作成した時に申込書に記入する項目があったと思うのですが、どうしても申し込んだクレジットカードを作りたければ「キャッシング枠は0円」で申請した方がいい、なんてよく言われています。

確かにキャッシング枠というのは、いわばカードローンの申し込みと同じような意味をなしますので、クレジット―カーで借金するつもりがないのであれば全く必要ないわけです。

しかもキャッシング枠を30万円とかに設定したとしたら、無条件で30万円の枠がもらえるわけではなく、当然審査にかかります。

それはまさしく「カードローンの審査」と同じことなので、ムダな!?審査を避けるためにもキャッシング枠には手を出さないほうがいいです。

とはいうものの、既にクレジットカードを申し込んだ時点でキャッシング枠を設定してしまった、なんて方も結構いらっしゃるでしょう。

そういう方はもちろんクレジットカードのキャッシング枠を使って借金をすることもできますが、ちょっと待って下さい!

まず覚えておいて欲しいのが、クレジットカードのキャッシング枠は「総量規制に当てはまる」ということです。

クレジットカード会社は消費者金融会社と同じ「貸金業法」の基に運営されていますので、総量規制はしっかりと守らないといけません。

つまり年収の3分の1以上の借り入れはできないということです。

ということは、借金の一本化にはクレジットカードのキャッシング枠は向いていないということです。

そもそも、一本化するだけの枠をもらっている方なんてまずいないでしょう(^_^;)

だから、いくら自分の持っているクレジットカードにキャッシング枠があったとしても、利用すべきではありません。

それでもちょっとだけなら・・・と利用したい方もいるかもしれませんが、元々クレジットカードはショッピング枠がメインの使い方ですので、キャッシング枠に関しては、大手の消費者金融や銀行カードローンと比べてみても商品スペックが悪いです。

特に金利はかなり高いほうだと思っておいてください。。

結局は「ソン」をすることにもなりかねませんので、クレジットカードで作ってしまった借金は、大手の消費者金融や銀行カードローンなどで一本化を目指しましょう。

>>大手消費者金融ならWEB完結で電話連絡なしのココ

クレジットカードの借金地獄の元凶は「リボ払い」にあり(汗)

クレジットカードで借金地獄になる一番の原因は『リボ払い』と言われています。

クレカを使っている人なら一度は聞いたことがあるでしょう。

ではどうしてこのリボ払いが、借金地獄の入口に立ってしまう原因なのかを解説したいと思います。

まずリボ払いというのは「リボルビング払い」の略で、毎月の支払い額が一定になるという特徴があります。

これがどういう意味を成すかというと、たしかにリボ払いは毎月一定額(例えば毎月5,000円)引き落とされていくと、現在の借金の総額(利息を含めた)が非常に把握しにくいのです。

おそらく、ふと気づいた時に確認すればビックリすると思いますが「驚くほど借金が減っていません(涙)」。

具体例をあげると・・・

  • クレジットカードの借金:30万円
  • リボ払いでの毎月の支払い:5,000円

借金完済までの期間は・・・

なんと5年(死)

しかも総返済額は、元本30万+約11万円の利息(汗)

もうとんでもないことになってます(^_^;)

これだけでリボ払いの怖さを知っていただけたかと思いますが、ではどうしてリボ払いが危険なのか、改めて説明しますと

  1. 毎月一定額の返済故に「借金」という感覚が薄くなる
  2. リボ払いの金利は、基本的のどのクレジットカード会社でも高い
  3. カード会社は儲かるから積極的にリボ払いのいいところだけをPRする

これらの問題がリボ払いには潜んでいます。

一見、毎月定額の返済でラクチン!と思いきや、裏ではガッツリ利息を取られていますからご注意を・・

結論としては、クレジットカードの返済は絶対リボ払いだけは選択しないほうがいいですね。

わざわざ借金を増やすために返済しているようなものですから・・・

まとめ:クレジットカードで返済できない借金ができたらスグにでも一本化を

返済できないほどの借金をクレジットカードで作ってしまったら、まず金利の低い消費者金融や銀行カードローンで借り換えできないかを検討してみてください。

もちろん他の借金と合わせて一本化することも可能です(一部例外あり)。

クレジットカードといっても、借金を作ってしまえば別にカードローンで借金をしたのと同じような意味ですので、危機感を持って、一日でも早く借金完済を目指せるように借り換えや一本化などを検討してみてください。

ナイトも経験あるので分かるんですが『クレジットカードの解約』というのは結構ダメージ来ますよ・・・

借金の一本化をするならココが狙い目!

コメントは受け付けていません。